事業沿革

商社の使命とは何か。第一ボールトは生産地卸商社として、長い歴史を歩ませていただいています。ねじの流通を担い、製品の価格決定までをも 裁量として請け負う。日本だけに発達したこの独特の制度の中で、確かに私たちは生活の向上、産業の発展に寄与してきたに違いありませんが、 実感としては、そんな大義名分はありません。

激動と称される「昭和」、特に二十年から始まる戦後は誰もが驚くほどのスピードで変化を続けました。そんな中で産声を上げ、これまで私たちは 一体何ができたんだろうと振り返りますと、たった一つ、形のないあいまいなものが、ともに走り続けて来たお取引先様との間に築くことのできた 「信頼」とか「絆」。これしかないのです。

これを守り続け、深めていくこと、これが第一ボールトの次の歴史です。

沿革概要

1957年 10月  大阪市西区西長堀において、小林良三が個人営業にて「小林良三商店」を創業。ねじ類の卸を始める。
1959年  5月  資本金800万円により法人組織に改め、第一ボールト株式会社を設立。小林良三、初代社長に就任。
1962年  5月  ユーザーの直接紹介や引き合いの顕著な増加に対応するため、直需専門の営業第二課を新設。
1962年  7月  資本金を3,000万円に増資。
1964年  3月  将来の発展を期し、同上住所に本社および本社倉庫を新築。
1969年  3月  流通業務の拡大を図り、大阪市西区境川に境川流通センターを新築。
1969年  7月  資本金を4,500万円に増資。
1975年  7月  小林良三、会長に就任。吉田道夫、社長に就任。
1977年 11月  寺川武夫、社長に就任。
1979年  3月  境川流通センター隣接地に本社および本社流通センターを新築移転。
1984年 12月  年々増加する管理業務の組織化、合理化のため、オフィスコンピュータを導入。
1986年  5月  寺川武夫、会長に就任。小林三洋、社長に就任。
1991年 10月  ユーザーニーズの多様化とジャストインタイムに応えるため、流通センターを新築。
2000年  3月  パソコンによる受発注一貫管理システムを導入。
2005年 11月  新受発注管理システムの拡充により、業務のさらなる効率化を図る。
2008年 10月  千葉県松戸市 株式会社渡辺工業所(冷間圧造メーカー)、現・ファスニングディワンを子会社とする。
2012年  3月  受発注システムのバージョンアップにより、さらなる効率化を図る。