小林良三商店

小林良三商店 小林良三商店

創業の頃

始まりは昭和三十二年十月、西区西長堀壱丁目壱番地(現在の大阪市西区新町一丁目、四ツ橋筋と長堀通の交差点北西角)である。開業資金の当てが 外れた為、良三は集金してきたお金をすぐに支払いにまわすという、まさに自転車操業でスタートをきった。借りた小さな一戸建ては、畳の部屋一室、 土間スペースが一つ、多分机が一つ、電話が一台、ひょっとしたらこの電話も借りていた可能性もあるという。メンバーは銀行出身の吉田道夫(後の 第一ボールト二代目社長)と男子社員一名、女子社員一名の計4人。すぐに寺川武夫(三代目社長)ら4名が入社、計8名となった。ただし、良三以外は ねじを全く知らないド素人集団であったという。それでも、良三は "ねじの商い" にかなりの自信を持っていたと思われる。何しろ関西でも大手のねじ商社を 切り盛りしていた実績の持ち主である。

もう一つ、戦後の復興真っ只中の日本という背景を考えればその自身は十分にうなずける。「昭和」をよく知らない若い人も読まれていると思うので記してみる。 たまたま昭和三十二年十月という時期は世にいう「なべぞこ不況」である。しかし、昭和三十年下期より輸出船ブームに始まった「神武景気」が三十二年の 上期まで、そして翌年三十三年の下期からは「岩戸景気」に入る。創業時はその狭間であり、二つの好景気に挟まれた形がなべの底というわけである。 ところが景気の目安になる実質経済成長率(神武景気:9⇒10%、なべ底不況:10⇒5.5%、岩戸景気:5.5⇒10.4%)をみてみると、確かに勢いこそ 落ちているものの、現在のことを考えるなら「何をか況や」である。

戦争で何もかもなくした後は、とにかく造るしかない時代であり、どんなものにも必要である<ねじ>の提供が追いつくはずのない時代だった。



追い風に乗って

ねじ商社挨拶状
良三は京都生まれである。京都商業を卒業すると同時に実兄の経営する小林正治商店(現 小林産業株式会社)に入社、退職する昭和三十二年まで 専務として腕をふるった。元来がまじめで仕事には一所懸命取り組んだ。

良三の人脈もあり、小林良三商店は東京、名古屋の地方問屋を中心に商売を展開していった。創業に際してはそれらの店からお祝いや激励の手紙が 届いている。余談になるが、電話があったとはいえ、まだまだ高価であり、用件は手紙や葉書ですますのが通常であったようだ。仕事の用件の他にも 慶弔事の通知、礼状、就職の依頼、手書きの領収書、経緯はわからないが詫び状など、多くの手紙が残っており、当時の面影を偲ぶことができる。 通信だけを取り上げても、この五十年という年月でどれだけ変化(進歩)したことか。「昭和」という時代はとにかく世の中が急速に変化し、特に戦後は 前へ前へと突き進んだ。ねじ産業もメーカー、商社共に大きく成長していった。

小林良三商店もご多分に漏れず、創業からわずか一年半(昭和三十四年五月)で法人組織に改め第一ボールト株式会社を設立する。代表取締役社長は もちろん小林良三、副社長は吉田道夫。資本金800万円である。それどころか三十七年七月にはもう資本金を3000万円に増資しており、いくら 追い風に乗ったとはいえ、その勢いには驚かされる。ただそこには、時間に関係なくコツコツと働き続ける良三と社員の姿があった。また、詳しくは 記さないが、独立にしろ、創業にしろ、多少の軋轢が生じるのが普通だろう。何しろ当時なら、そうそうたるねじ商社が大阪には列挙していたし、 後発の小林良三商店なら横綱と十両か。しかもその十両がぐんぐんと伸びゆく様を手をこまねいてみているはずもなかった。